「ない」王国

やりたいことがない、自分を好きになれない、この状況は変えられない。こういった「ない」という世界には、私たちが望むものも「ない」ー そんな「ない」王国を自分で築いていませんか?ここでは「ない」王国の視点から見た世界を書いています。

「ない」王国

私は悪くない、のに。

「私は悪くないのに」と思えるような出来事に遭遇することはありませんか?そう、確かに「悪くない」のだけれど、その目の前に広がる光景には意味が、意図があります。さらに、全ての結果が、出来事が「すべてよし」だったりする…その中身を見てみましょう。
「ない」王国

自信がない、にもいろいろある

「自信がない」ーよく聞く言葉です。あなたはどんな時に「自信がない」という言葉を使っていますか?その内面には、積極的な自信がない/反対に消極的な自信がない、もあります。パターンはあれど、大事なのは気持ちの切り替えー自信がないことは「普通です」
「ない」王国

目標の未達成ー実力と適正という側面

目標や願望が達成できなかった時、悲しい、悔しいといった感情が落ちついた後に、あなたは何を考えますか?もっとがんばるのか?方向転換するのか?ここでの深堀のテーマは2つ、「実力」と「適正」です。これらを一緒くたにせず、分けて考えてみましょう。
「ない」王国

ベクトルの先は内か外か?ー自分の感情を満たすもの

相手のことを思っているようで、実はベクトルが自分に向いている”クレクレ”になっていたり。自分は大丈夫?と正しく疑える人もいれば、そこからネガティブ沼にハマる人もいる。この違いは、心の、感情のカップを自分で満たすことができるか、どうか、です。
「ない」王国

ネガティブを手放すための順序

ネガティブな感情を手放すには、感情を味わうということがベースです。今回は、スピリチュアルで「ブロック」と言われるような、長年に渡るネガティブを効率よく手放すための順序を考察します。それには、むやみに戦場へ飛び出すのではなく、きちんと準備も必要です。
「ない」王国

孤独感を感じたらー思い出してほしいこと

あなたは「孤独感」を感じていますか?また、どんな時に感じるでしょうか?「独り」だと思うから虚しさや落胆、また恐怖感などにも発展しますが、私たちは決して「独り」ではありません。自分とは、たくさんのスピリットたちと併せて「1人」の自分です。