全コース30%OFF 11/30まで

臼井式レイキ

レイキとは?

レイキとは、一言でいうと
「宇宙エネルギー」とか「生命エネルギー」のことです。
宇宙のエネルギーを、地球のこの場所で??、と少しイメージしずらいかもしれませんが、簡単に言えば、「気」、つまりエネルギー=波動のことです。

 
レイキは全てのエネルギーワーク・スピリチュアルワークの「基本」であり、
また「王道」とも言えます。

日本では、古くから「手当」という言葉があるように、
人は痛みを感じるところへ自然と手を当てるーじんわり暖かくなってきて、やがて不安が収まり…。
これこそが、レイキは誰でもできる、と言われる所以ですし、「レイキエネルギー=愛・癒し」ということの証明でもあります。
 

日本語には「気」にまつわる言葉がたくさんありますね。
「気のせい」「気が合う」「気が乗らない」「陰気」「気力」「元気」など。
眼には見えない、でも確かにそこにある「気」。
私たちはその波動を、意識的・無意識的に感じ取っています。
なんとなく○○な気がする。
その「気」がエネルギー=波動です。
(但し、レイキの「気」は、いわゆるパワースポットに満ち溢れているような良いエネルギーのことです。漢字で書くと「霊気」ー死者の霊ではなく、神秘的であり聖なる「気」を表します。)


 

レイキ療法

臼井式・レイキ療法の考え方

レイキ療法にはいくつかの流派があります。
Mirrorgeでは、全てのレイキ療法の基本である「臼井式レイキ」を取り入れています。より細かく分類すると「西洋式臼井レイキ」です。
レイキの種類に関しては、こちらの記事を参考にご覧ください。

臼井式レイキでは、「遠隔療法」という、離れた、今ここにいない人へもレイキエネルギーを送ることができる療法が採用されていますが、
基本として「場所」という、空間には縛られない、ということがメインでした。


エネルギーは「時間」「空間」を飛び越えられる、というものの、
当時のレイキ療法は、直接の「手当」が基本。
ですが、体調の悪い方が都度都度治療のため訪れるには無理がある、ということから
生み出されたのが「遠隔療法」です。(創始者の臼井先生の時代は「治療」という概念でした)


レイキの概念は「今、ここ」しかない、というもので
「過去」も「未来」もありません。

今はこの瞬間から過去になり、未来はこの瞬間から今になるー。


ですので、現在採用されているような
・レイキ式「引き寄せの法則」ー念達法
・過去の/未来の自分にレイキエネルギーを送り、癒す
といったものは、そもそも存在しませんでした。


 

安心立命

臼井甕男(うすいみかお)氏によって創設された臼井式レイキでは、レイキの真の活用法は「癒し」だけではなく、その先の「人生の質を向上させることにある」としています。
 
人生の質の向上ー不安もなく、恐れもなく、何かに執着することもなく。ただ今を満喫して、”自分”を生きているような状態。
現代のスピリチュアル界でのテーマである、「自分の世界は自分で創る」という「現実創造」そのものの世界観です。

そのためには、まず自分自身を癒すこと。次には、その癒しを周りの人々へも広げていくこと。だからこそレイキの最終到達地点として、
「幸福な、安らかで豊かで、喜びに満ちた人生を完成させる」ことができる=これを「安心立命」
といいます。

 
レイキのエネルギーは、「愛」と「調和」と「癒し」のエネルギーです
自身のエネルギーが滞りなく流れ、愛と調和と癒しで満たされる、そういった癒しの感覚だけでなく、
「その先に見えてくる人生の質の向上」
レイキの力を借り、偉大なる宇宙と共存共鳴する揺るがない生き方、
それが、レイキ本来の目的です。


臼井先生が、悟りを開かれた際の言葉が、
「宇宙即我、我即宇宙・すべては一体」(うちゅうそくわれ、われそくうちゅう)です。
太陽系として想像できる宇宙が「大宇宙」なら、
私たち一人ひとりは「小宇宙」、宇宙そのものに他ならない。

 
 

Mirrorgeで取り入れているレイキ

レイキ療法は、もはや単なる「癒し」に留まらず、宇宙との共鳴を促すもの、今日の行動を後押しする強力なエネルギー、そして何物にも代えがたい「愛のエネルギーをもたらすもの」です。


臼井先生の理念を受け継ぎ、
さらに、Mirrorgeでは「空間」のみならず「時間」までも飛び越えた遠隔療法を取り入れています。(コール・イン・メソッド) 時代と共に移り行く変化ー現代はオンライン化が整備され、100年前にはなかった新しい波があります。それらを受け入れ、レイキエネルギーをよりたくさんの方に届けるために、海外で生まれた発想のコール・イン・メソッドは非常に効率の良いレイキの手段といえるでしょう。




各セッション後に遠隔療法にてレイキエネルギーを送ります

セッションの後、遠隔療法にてレイキエネルギーを送り、あなたの行動を応援します!

レイキ療法の創始者・臼井先生の時代、施術者は「手が呼ばれたところに手を当てる」という手法を行っていたそうです。施術の際に、脚〇分、背中〇分、というように手順が決まってはいなかったのですね。
レイキエネルギーに導かれるままに行っていた、ということですが、Mirrorgeでのレイキ療法も同様、「手が呼ばれるままに」行います。
「手が呼ばれる」=「レイキとしっかり共鳴しあえている」のだと自信を持って提供しています。
  

行動の中にしか幸せは生まれない。
その行動のエネルギーを後押しするのがレイキです。
行動することで、あなたを取り巻くエネルギーも変わり始めます。