全コース30%OFF 11/30まで

無駄遣いをなくす方法ーそのムダ、やめられます

あなたが「無駄遣い」しているコト、モノは何ですか?

ついつい、○○がやめられなくって…

そう頭に思い浮かんだ人は多いのではないでしょうか?その「○○」に当てはまる言葉は、『お金』にまつわることではなかったですか?無駄遣い、の代表選手は何と言っても「お金」です。物質世界ですから、物質のブツブツ交換ー対価として、お金が必要になるからです。

ここでは、「お金」という物質ではなく、眼に見えない「無駄遣い」「浪費」にフォーカスします。
つまり、「時間」「空間」ひいては「エネルギー」ースピリチュアル視点で見ていきます。

そして
タイトルにあるように、やめる方法は2つ。

  • 自分にとっての価値、に優先順位をつけること
  • 直感を活かす

あれ?そんなこと?かもしれませんが、無駄遣いに走っている状態だと、そんなあたりまえのことが、実は全然行動に落とし込めていなかったりするものです。

結構、時間をムダにつかちゃっているかも…
そんな風に思い当たった方は、ぜひ読み進めてみてください。

 

ベースにある考え

冒頭でも書いたように、ここが物質社会であるというのは言うまでもなく。その中でサバイバルしている私たちは、常に「損得勘定」の計算機がカチカチ動いています。当然必要な思考回路ですよね。
アマゾンなの?楽天なの?メルカリ??いやいや、薬局の、どこそこ店舗のポイント5倍デー??

そうやって脳内会議をくり返し「お得なほう」を選択します。
第1優先が「お得」ということ。

このお得が暴走すると、

  • 収納がないのに…
  • 在庫管理できなくて、2度買い
  • あればあるだけ使っちゃう、食べちゃう、飲んじゃう
  • 好みの変化
  • 商品自体の劣化
     

結局、最初の「お得」を満たせなくなっていくことも多いですね。
「お得だから」と安いモノ、安い方、割の良い方、長い目で見れば…という視点が習慣になってしまうー1つの立ち位置からしか見えなくなると、どんどん見えない領域まで犯していくことにつながっていきます。


 

エネルギーの無駄遣いへ

お金はもちろん有限ですが、私たちの時間、空間、エネルギーも有限です。
といっても、なかなか眼に見えないので、わかりずらいものでもあります。

お得だから、が暴走して、買いだめしたものの、置く場所がないとか、管理するのもまた大変。どこに何があるのか把握できない…という状態では、自分の周りにある大切な空間を無駄遣いしていることにつながります。
置いておくだけでホコリを被るものだし、動かすならそれだけ労力も使うー手入れも必要ですね。


そもそも、人間は
何かをやろうとした時、その”何か”が、20秒以内程度の、自分が手の届く範囲の近いところになければ、そこでやる気を失う、とも言われています。
こんなところに、新しい習慣を妨げる」要因もある
のです。


だから
本当に大事なこと、身につけたいことは率先して、自分の近場に置く必要がありますが、モノが多ければちゃごちゃして紛れてしまい…あなたのやる気も埋もれてしまうでしょう。

 


 

また、時間ということで見ても
「この人とは、仲良くしておいた方が良い」とか、「みんがが丸く収まるなら」「誰とも争うことはしたくない」など、人間関係を円滑にするべく、ここでも自分の立ち居振る舞いの計算機がカチカチ動くわけですが。

ここで、「相手を主軸に」自分が七変化”させられている”状態は、エネルギーが膨大に無駄遣いされています。
 

エネルギー、とは抽象的な言い方ですが、
まずは「時間」。自分に、本当に必要でないことが横からどんどん入っている状態です。

そして、なんと言っても「その波動」です。
良くない例えで使われますが「類は友を呼ぶ」、これは自分の波動に共鳴した者同士が集まる、ということ。つまり、あなたが人任せに自分のエネルギーを向けるのなら、相手のエネルギー、周りのエネルギー、囲まれる集合意識に埋もれ、ますます「自分にとっての優先順位」がわからなくなってきてしまう。自分のエネルギーを、周りのために使用するーこれが”無意識”で行われてしまう状態です。

はて。
意識できない「無意識」の領域で進むのなら…どうしたら良いでしょうか??

 

 

無駄遣いをやめる方法

やめる方法、まずは「自分にとっての価値」に気づいて、優先順位をつけることです。
そのために。

「自分を知って」いないと、何が大切なのかもわかりませんし、その都度都度迷うことになって、その時間もまたムダですよね…

お得、という損得勘定を離れて、自分だけの価値を最優先させる。根幹が満たされていれば、あとはなんとかなる、なんとでもなる、という流れができてきます。

やりたいと、必要だと”思う”のではなく、考えるのではなく、本当に心が躍るような自分だけの大切なこと、ものに、あなたは気がついているでしょうか?

 

そのためにも
頼みの綱となるのが「直感」です。

根拠はないけど、なんかそんな気がする。どうも気になる。なぜか急に思いついた。

そんな「なんとなく」に帰ってみましょう。そして、そのなんとなく、に思考を乗っけて「理由」をつくらないことです。それは、心の声ではなく、今までの習慣からか、今までの思考回路なのか、お得で便利な方法になってしまうのだから。。

 
物事は多面体です。
本来は、損得勘定で素早く立ち回ることもあり、その反面、ここぞ!という自分の軸は誰にも譲らないっっ!!という、鼻息の粗さ(?)も必要、というケースバイケースです。
 

じゃあ、今どうすればいいの?
その答えが「直感」であり、自分を知って、自分とつながっていることでますます直感は冴えてきます。
まずは自分を知ることからー興味を持ったあなたは、ぜひMirrorgeの根本療法へ取り組んでみてください。見える景色が変わりますよ☆